紹介推奨サイト

消費者金融甘い審査の真実

皆さんは、よくネットで紹介されている消費者金融の紹介サイトで消費者金融甘い審査などという文言を見たことがあるでしょう。この消費者金融甘い審査という言葉を見ることで、消費者金融の融資が安易に出来るのではないか?という誤解を持った方も数多くいると思います。しかしながら、本当にこの消費者金融甘い審査という言葉は、甘い審査という言葉から発想されるような内容の審査を行っているのでしょうか。今回はこの消費者金融甘い審査の本質について紹介していきましょう。
基本的に消費者金融の提供する無担保融資サービスは、銀行系金融機関のサービスと比較するとその審査は緩和されているのは事実です。しかしながら誤解してはいけないのは、消費者金融甘い審査の意味は、決して審査本来の審査事項について手が抜かれているわけではなく、審査項目が現実的であるということなのです。したがって、審査がされる項目についてはしっかりと対応した与信を持っている必要があります。その一方で審査がなされない項目について対応する必要はなく、そのあたりの部分を利用者は誤解の無いようにしておく必要があるわけです。
具体的に紹介すると、銀行系金融機関で融資を受けようとすると、仕事の属性について非常に厳しい審査が待っています。具体的には銀行の融資を受けるには正社員である必要があるわけです。この根拠は主に返済を考えた場合の利用者の離職率に関係があります。しかしながら消費者金融はこの利用者の仕事の属性にこだわりがありません。これには銀行と消費者金融の融資を行う上で、消費者金融には利用者に対する動向データのバックデータが豊富に存在することが原因となっています。実は仕事の属性による離職者の率の違いはあまり実際にはないことから、利用者が正社員ではないことが離職率の上昇には関係がないことがわかっているわけです。
この例を見ても、決して消費者金融甘い審査などというものは存在しないということが理解できるでしょう。消費者金融甘い審査というものは存在せず、消費者金融の審査はより現実的な審査が行われているということなのです。このことを言葉の文言で甘い審査と表示しているサイトをよく見かけるのですが、利用者の心理を考慮すると、誤解を招くような表現は決して利用者のためにはならないということを利用者自身が良く理解し、決してそのようなサイトを参考にしないようにしなければなりません。